投稿詳細

  
【RESAS通信vol.32】図を綺麗に見せる小技&RESASの便利な表示機能の紹介

関東経済産業局⑤

コメント:2件

指定しない 2018/08/09 14:10:09

「【RESAS通信vol.22】RESASで使える小技 2つ」にてRESASの画面から図を切り取る『Snipping Tool』をご紹介させていただきました。
切り取った図は、プロジェクターでの投影、紙への印刷のどちらにしても、より鮮明で見易く、伝わり易い方がもちろんいいですよね?
ということで、まずは「Word、Excel、PowerPoint」でのそんな小技(機能)のご紹介です。

1.『Snipping Tool』などで切り取った図(画像)は、「シャープネス」(office2013、2016からの機能)を変えるとより鮮明に表示・印刷ができます!
視覚的にさらに親切さを加え、作品、資料をレベルアップさせましょう!
ご存じでなかった方はぜひ一度お試し下さい!
① Word、Excel、PowerPoint上で、図をクリック。
② 「図ツール」の書式タブの調整で「☀修正」をクリック。
③ シャープネスにて「シャープネス:50%」を選択。←オススメ
④ 他、「明るさ/コントラスト」も必要に応じてお好みで選択。
こちらの手順を行うだけで、グッ!と図が引き締まって表示され、折れ線グラフのような線の細い図や文字に特に効果が発揮されるかと思います。

続きまして、RESAS「産業構造マップ→全産業→全産業の構造」での便利な表示機能をご紹介します。
RESASの特徴は産業構造を分かりやすく見える化(可視化)してくれることですが、
例えば特定業種について知りたいときに便利な機能です。

2.「全産業の構造」のタイル図で割合が小さくて表示されない産業についてもデータを見ることができます!
① 「全産業の構造」の画面右側の緑ウインドウの下の方、「横棒グラフで割合を見る」をクリック。
② 横棒グラフとともに件数と割合の一覧表が表示されます。
③ 数字(企業数、従業員数、売上高など)と割合(%)を一度に見ることができ、
尚且つタイル図では確認できなかった産業についてもデータが表示されます。
④ さらに、表示されている一覧表や横棒グラフの産業をクリックすると、
その産業中分類の割合グラフと一覧表にジャンプするという親切な機能も付いてます。

わかりづらかった方は添付したPDFをぜひご覧下さい。
ご存じであった方はすみません!今回は以上です。最後まで読んでいただきありがとうございました。

関東経済産業局は、引き続き、政策アイデアコンテストの応募作品や資料作成に尽力されている方々、RESASを活用されている方々を応援しております!

14人が、「この投稿が参考になった」と投票しています。

mosch (東京都)

2018/08/09 16:28:51

今回もありがとうございます。コピペのときに見えづらくなるのはボトルネックだったんですけど、1のおかげで解決です!
次の投稿が楽しみです!

近藤 (和歌山県)

2018/08/14 10:31:16

RESASに限らず搭載されていても余り使われていない機能ってよくありますよね。もっと紹介してほしいです。楽しみにしています。