投稿詳細

  
【 RESAS×小豆島Vol.4 ~ 毎週木曜18時更新 】

財務省四国財務局 地方創生支援のための若手プロジェクトチーム(PT) 寺西 康博 (香川県)

コメント:2件

指定しない 2018/09/27 18:29:59

【第4回:様々な立場の方が政策アイデアについて議論したシンポジウム】
地方創生担当大臣賞及びビザ・ワールドワイド賞を受賞し、喜びもつかの間、PTとなえどこメンバーは、政策アイデアの実現に向けた行動を開始しました。政策アイデア実現に向けては、官民問わず様々な立場の方からお力添えをいただきました。第4回、第5回ではその動きについてご紹介します。

まず、協力いただいたのは、政策アイデアの提案対象地である香川県土庄町役場の方々。受賞後の2018年2月、四国財務局と土庄町の主催で、アイデア実現に向けたシンポジウムを開催。地元住民の方を中心に約140名に参加いただきました。地元住民の方へのお声かけでは、同町若手職員のリーダー的存在である企画課係長の笠井 雅貴さんを筆頭に、町職員の方々が奔走くださりました。

シンポジウムは、土庄町長の三枝 邦彦さん及び四国財務局長の挨拶ではじまり、PTとなえどこメンバーから政策アイデアの詳細説明を実施。いつもながら、なえどこメンバーのプレゼンの上手さには舌を巻きました。

続いて、四国地方整備局が民泊新法と空き家対策について、また、四国運輸局が香川県の観光の現状をそれぞれ説明。その後、なえどこの担当教員である西成 典久さんのコーディネートにより、実務家や地元住民(迷路のまちづくり委員会、土庄町商工会青年部等)等にアイデアの実現可能性や課題について議論いただきました。

先進的な古民家宿泊事業を愛媛県内子町で展開しているせとうちDMOの木村 洋さんは、政策アイデア実現のための具体的スキームを提示くださりました。

「知らない日本に泊まってみよう」をコンセプトとする民泊予約サイト「STAY JAPAN」を運営する株式会社百戦錬磨の小澤 正寛さんからは、農泊運営の豊富なご経験に基づいたコストベネフィットの視点から鋭いご意見をいただきました。

公益社団法人小豆島青年会議所の丹生 茂希さんは「小豆島の人口減少が進むなか、目先の自分の商売のことだけを考えていたのでは駄目だ。どうすれば小豆島を盛り上げていけるか常に考えている。」と発言されました。小豆島に住み、活性化に奮闘されている方だからこその言葉の重みがありました。

このように、シンポジウムは、大学生の熱意に共感した、実務家、民間企業、住民、大学、国と地方の公務員が一丸となって、地域の人口減少や空き家の増加といった課題と向き合い、その解決策を模索する場となりました。

さらに、シンポジウムの翌週に開催したPT主催の地方創生フォーラムでは、全国の若手公務員と大学生等、約170名の前で、なえどこメンバーが政策アイデアのプレゼンを実施しました。

シンポジウムや地方創生フォーラムの模様は、テレビや新聞等マスメディアで取り上げていただきました。それに加え、同フォーラムのゲストスピーカーとして登壇いただいた総務官僚(神奈川県へ出向中)の脇 雅昭さんがこれらPTの取り組みをForbesJapan2018年6月号に寄稿くださり、政策アイデアは多くの方の目に留まるものとなりました。

このような動きのなか、シンポジウム・地方創生フォーラム参加者の中から、実際に政策アイデアの実現に向けた行動を起こす方があらわれたのです。続きは最終回、第5回でお話しします。

第1回https://community.resas-portal.go.jp/user/topic/340
第2回https://community.resas-portal.go.jp/user/topic/342
第3回https://community.resas-portal.go.jp/user/topic/344

四国財務局若手プロジェクトチームの取組み
http://shikoku.mof.go.jp/chiiki/pageshikokuhpwakate_00001.html
ForbesJapan2018年6月号の該当記事
https://forbesjapan.com/articles/detail/21555/4/1/1
財務省四国財務局のホームページ
http://shikoku.mof.go.jp/
四国財務局の地方創生・地域連携に関する活動についてのページ
http://shikoku.mof.go.jp/chiiki.html
財務省四国財務局のフェイスブック
https://www.facebook.com/shikoku..zaimu/

15人が、「この投稿が参考になった」と投票しています。

RESAS利用者

2018/10/03 19:25:08

シンポジウムや地方創生フォーラムの様子を見てみたかったです。投稿内容からも盛り上がりを感じます。
その熱意を感じて行動を起こそうと思ったのかもしれないですね。

財務省四国財務局 地方創生支援のための若手プロジェクトチーム(PT) 寺西 康博 (香川県)

2018/10/04 02:44:28

RESAS利用者様
ありがとうございます。魅力的なスピーカーと熱意ある参加者各位のおかげさまで、素晴らしい時間が生まれました。シンポジウムやフォーラムの開催が、一人でも多くの方に行動を起こすきっかけを提供できていれば本当に嬉しく思います。